マナビノキスクール

マナビノキアフタースクール

プログラム

  • 探究プレクラス【小学1・2年生】
  • 探究プログラム【小学3~6年生】

「学びのスタートと学び方を学ぶ」 自分の「知りたい!やりたい!」を見つけ、やってみようとする力を育む 子どもたちの身の回りには「不思議」「驚き」「発見」など、たくさんのマナビノタネがあります。 探究プレクラスでは、自然、季節、遊び、食など自分の身近なものと触れ合いながら、「知りたい!やりたい!」を見つけ、やってみる、続けることで、「探究する力」を育むことを目指しています。 自然や季節、工作、実験、料理など、子どもたちが「知りたい!やりたい!」と思えるようなテーマの中から、子どもたちと一緒に選び、1か月かけて継続的に学びます。 「つくる⇒遊ぶ⇒つくりなおす⇒遊ぶ」など、試行錯誤と体験活動を繰り返しながら学ぶことが特徴です。 【プログラム例】

森探検&アート 「近くの森に探検に行きたい!」からはじまったプログラム。山や川を探検しているうちに…「あ!このはっぱお魚さんに見える!葉っぱの水族館作ろう!」「私は木のおうちつくる!」など想像力、アイデアを発揮し、表現するプログラム。
竹で弓矢づくり 近くの竹林に探検にいって「竹で何かつくりたい!」からはじまったプログラム。竹を割って、穴をあけて、糸を張って弓矢作り。遊びながら、竹の向きや大きさ、矢の素材、糸の種類など、試行錯誤しながら遊ぶプログラム。
段ボールでジェットコースター 段ボールでレールを作ってビー玉を転がし始めたことからはじまったプログラム。カーブの作り方、直角に曲がる方法、トンネル、わかれ道など、段々とコースは複雑に・・・。作って⇒遊んで⇒壊れて⇒またつくる、試行錯誤いっぱいのプログラム。
子どもクッキング ~和菓子探究~ 五平餅、みたらし団子とおやつ作りをしていたら「やってみたい!」につながった和菓子探究プログラム。日本の各地の和菓子を調べてみんなで作るプログラム。

「知りたい!やりたい!」の実現を通して、自分らしく生きる力を育む 自分と社会とのかかわりの中で「学ぶ楽しさ」=「生きる楽しさ」をみつける 自分たちで課題を設定し、情報収集、整理分析、プレゼンテーションするプロジェクト型の学習に取り組みます。 探究プログラムでは、自分を取り巻く社会や環境など、大きな枠組みの中で、「調べたい!知りたい!」と思ったものを見つけ、調べ、今の自分や未来の自分とつなげて考え「自分らしく生きる力」を育むことを目指します。 国際理解、情報、環境、福祉・健康などの現代的な諸課題に対応する課題、SDGS、地域の特色に応じた課題、 児童の興味・関心に基づく課題などから、自分たちでテーマを設定し、1ヶ月~2ヶ月かけて継続的に学びます。「調査する⇒議論する⇒整理する」しながら、最後は自分の考えを「プレゼンテーション形式」で発表するのが特徴です。 【プログラム例】

「学問のすすめ」 1万円札の福沢諭吉ってどんな人?から始まったプログラム。福沢諭吉が書いた「学問のすすめ」を読み、ディスカッションをしながら今の自分の在り方、これからの在り方を考えるプログラム。
「もしもの時…その時何ができる?」 台風被害が多かった2019年。自然災害でライフラインが途絶えてしまったら…。発電方法、非常食、ラジオづくりなどを通して「その時、一体何ができるんだろう?」を考えるプログラム。

概要

対象 小学1~6年生
定員 10名/1日
スケジュール
  • 低学年:14:00~18:00 
  • 高学年:16:00~19:00 
利用料金
  • 利用料金:週1回:12,000円  週2回:18,000円  週3回:24,000円  週4回:29,000円
その他費用
  • 入会金:10,000円
  • 施設維持費:2,000円/月