【自然×探究ワークショップ 2/4(日)】鎌倉の武士に多様な人たちとの友達のなり方を学ぼう!

今回は、日常生活で会うことの少ない車椅子の方、聾者や視覚障害者などのハンディキャップを持った方々との交流を通して、「多様性(ダイバーシティ)」について学びます。

子どもたちに楽しく教えてくださるのは、いつも武士の鎧をを着ている鎌倉の武士こと高野朋也さんです。
武士が運営するゲストハウス彩で働くハンディキャップを持った明るいスタッフと一緒に、バリアフリー施設の見学をしたり、障害の疑似体験をしたり、由比ガ浜海浜公園にできるインクルーシブ公園(すべての人が使える公園)でみんなが遊べるような公園づくりについて一緒に考えたりします。

高野さんは福祉業界で経験を積んだのち、障害者就労の壁を感じて、
障害を持っている人が働くことができ、また誰でも宿泊できるゲストハウスをつくったり、ユニバーサルツーリズムなどの企画をしたり、誰もが活躍できる環境づくりの活動に尽力されています。

「違いは素晴らしいことだ。多様な方々と友達になることで個性をもっと発揮していこう。そもそもみんな違うはずだから、仲間はずれではなく違いを活かし合った社会を創っていこう!」
という武士の想いとともに一緒に学び合いませんか?

みなさまのご参加、ぜひお待ちしております!

〈講師:高野朋也さん(通称武士)〉
鎌倉にある多様性を育てる「ゲストハウス彩」のオーナー傍ら、
食堂運営、ユニバーサルツアーの運営を経て、日本の社会課題であるコミュニティ創造を
目指し多世代と多様性でのまちづくり、サードプレイスを創るために活動中。
つねに自作の武士の鎧を着用していて
「僕のモットーは、『KEEP Different(違い続ける)』」と話し、
お子さんからお年寄りまで、国籍問わず、 見えない人、聞こえない人、車いすユーザーの方、
杖歩行の方、精神、知的、発達障害の方などと関わりながら、社会貢献に尽力している。

武士ってどんな方?

【スケジュール】
9:00     鎌倉駅東口交番前集合
9:20     ゲストハウス彩(イロドリ)着
概要説明、武士の紹介、マナビノタネ
10:00  ゲストハウス彩の見学、ハンディキャップを持った人と交流
多様なまちって?ウィンメルブックから考えてみよう
11:30  障害や不自由を持ってる人の気持ちになってみよう(疑似体験)
12:30  昼食
13:20  由比ヶ浜海浜公園へ行って、インクルーシブ公園について考えてみよう!
15:00  ふりかえり・シェアリング・読み聞かせ
15:30 鎌倉駅東口交番前解散

お申込みはこちら

 

関連トピックス